イッツアスモールワールドの怖い都市伝説|ディズニー都市伝説

イッツアスモールワールド

東京ディズニーランドの定番アトラクションと言えば、イッツアスモールワールド。世界をミニチュアにしたアトラクション内をボートに乗って回る。中には世界中の人々をミニチュア(まさにイッツアスモールワールドの世界!)にした人形がたくさん登場し、子供でも楽しめる様な作りになっている。このアトラクションにはちょっと怖い都市伝説が存在する。

イッツアスモールワールドの中で登場する人形たちの中にピノキオ人形を持った少年がいるという。ピノキオ人形を持った少年は明らかに他の人形たちとは雰囲気が違うらしい。なんというか生々しい雰囲気があり、人に見えるという。その少年に気がついてしまった人はイッツアスモールワールドを出た後、出口でその少年と同じ見た目の少年に声をかけられるという。

彼は、「もう帰っちゃうの?」、とか「また来てね」という言葉を見ず知らずのあなたに言うという。彼の周囲に両親らしき人物は見られない。彼はもうこの世にはいない少年なのである。害はないが少し怖い東京ディズニーランドの都市伝説だった。>>ディズニーの都市伝説をもっと見る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です