【閲覧注意】コトリバコ ハッカイの真実とは?

コトリバコ

以前、都市伝説JAPANではコトリバコに関する情報を紹介したが、コトリバコに関してはインターネット上に色々な情報があったので、さらに深く紹介していこうと思う。

コトリバコとは昔、日本の集落で作られた呪いの箱である。コトリバコ、子取り箱などと表記される事が多い。コトリバコの概要をかいつまんで説明しよう。

コトリバコとは?|歴史をざっとおさらい

・1800年代くらいに島根県あたりで作られたものがコトリバコ

・虐げられていた貧しい村の人々が主人に反抗するために作った。

・コトリバコを主人に与えるとたちまちその効果を発揮

・コトリバコにより村を虐げていた主人の一家は女と子供を中心に謎の死を遂げる

・コトリバコの真実を知った主人は村人たちを虐げるのをやめる。

・コトリバコは量産されていたため、危険に感じた村の長はコトリバコを各リーダーへ渡し、全国各地の寺院へ隠した。

・コトリバコの呪いは簡単に消える事はなく、200年以上が経過した今でもマズイ。

コトリバコ ハッカイとは

それでは今日の本題に入ろう。実は”コトリバコ”と呼ばれているこの箱には色々な呼ばれ方があった。しかもその呼ばれ方によって呪いの強さが違うという。なんで呪いの強さが変わるのか?

それは、コトリバコを作るときに使用される子供の数で名前が変わるからである。

● 1人の子供:・・・イッポウ

● 2人の子供:・・・ニホウ

● 3人の子供:・・・サンポウ

● 4人子供:・・・シッポウ

● 5人子供:・・・ゴホウ

● 6人子供:・・・ロッポウ

● 7人子供:・・・チッポウ

● 8人子供:・・・ハッカイ

1人〜8人の子供を使うというコトリバコ、その人数によって、この寄木細工の呪力は違うのだった!しかも8人までがマックスであるというのを見て、9人や10人とか20人とかはどうなの?と思った読者もいるだろう。しかし、あまりにもコトリバコの呪いの力が強く、8人以上を作る事はできない。なぜなら9人で作ると完成の寸前で作成者が呪いの力でやられてしまうからである。

8人が人間の作れる限界なのである。【閲覧注意】コトリバコの都市伝説ストーリー ➡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です