エヴァンゲリオンとフリーメイソン都市伝説

エヴァンゲリオン都市伝説

日本のアニメ界に衝撃を与えた作品、「新世紀 エヴァンゲリオン」エヴァンゲリオンとフリーメイソンには隠された関係があるという都市伝説がある。

エヴァンゲリオンの主人公はエヴァンゲリオンのパイロットである碇シンジである。彼の名前には意味が込められている名字の碇とは、船と港をつなぐ、いかりである。つまりエヴァをつなぎ止める役目である事を示している。

しかし、港にあるいかりは漢字で書くと「錨」と記す。しかし彼の名字は「碇」であるこれはなぜなのか。碇シンジの名前にはフリーメイソンのメッセージが込められていたのである。

碇の文字をへんとつくりに分解すると「石」と「定」という漢字になる。これはフリーメイソンの象徴、石工と定規を意味しているのである。フリーメイソンの象徴は3セットになっている、石工と定規とコンパスである。碇シンジの名字にはコンパスが足りない。しかし、碇シンジはコンパスと関係していた。それは彼の父親の名字「六分儀」である。六分儀とはコンパスという意味である。

つまり碇シンジの名字と父親の名字を合わせるとそこにはフリーメイソンの象徴が浮かび上がるのである。エヴァンゲリオンが大ヒットし続けアニメファンに愛され続けている背景にはフリーメイソンの影があるのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です