坂本龍馬 フリーメイソン説

フリーメイソン都市伝説

明治維新の立役者である英雄、坂本龍馬はフリーメイソンだったという説がある。

坂本龍馬と深い関係があった長崎の商人トーマス・グラバーはフリーメイソン会員だった。グラバー邸にはフリーメイソンのシンボルマークが刻印されているそうだ。

龍馬はグラバーから大量の武器を輸入して利益を得ていたという。そして明治維新の裏にはグラバーの存在がちらついている。

明治維新は坂本龍馬が薩長の同盟を手配して、江戸幕府に無血開城をさせたという背景があるが、1青年が2つの藩を動かすなどという偉業を1人の力、1人の知識と経験で本当にできるのであうか。坂本龍馬の行動には裏で誰かが指示を出していたという説が有力である。

それは勝海舟だったかもしれないが、フリーメイソン説では坂本龍馬はフリーメイソンの指示のもと、明治維新実現の為に動いたという。

フリーメイソンは坂本龍馬にイギリス式の資本主義、議会制民主主義、自由経済のあり方を伝え、フリーメイソンメンバーだった、トーマス・グラバーを介して武器を輸入・販売させて資本を与え、明治維新を実行する準備をさせたのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です