アメリカとフリーメイソンの関係

アメリカとフリーメイソン

アメリカとフリーメイソンは深い関係にあるという都市伝説は多々ある。その歴史は深いようだ。アメリカ建国の父、ジョージワシントンやベンジャミンフランクリンはフリーメイソンの会員だったというし、ニューヨークにある、自由の女神はフリーメイソンからアメリカに送られたとする説も存在する。

実は自由の女神の台座には「定規・コンパス・G」というフリーメイソンのシンボルが刻まれているのだ。またアメリカの一ドル札にはフリーメイソンのシンボルである「万物を見通す目」がはっきりと描かれている。そしてアメリカ独立宣言の内容である、「自由・平等・博愛」というフレーズはフリーメイソンの理念と完全に一致するそうだ。

別の都市伝説では直接的に自由の女神をアメリカに送ったのはフリーメイソンではなく、史実どおりイギリスであるが、自由の女神の建築家がフリーメイソンのメンバーである建築家だという説も存在する。

フリーメイソンはアメリカとあきらかに深い関係にありそうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です