飛行機の電気が消える理由|やりすぎコージー都市伝説

飛行機都市伝説

やりすぎコージー都市伝説の番組内で紹介された都市伝説。

飛行機に乗った事がある人はわかると思うが、夜間に飛行機に乗ると機内の照明が消される。なぜ、そんな事をするのか不思議に思う人もいるだろう。

飛行機の照明が消されるのにはわけがあった。

飛行機の事故は離陸6分間と着陸の5分間に最も多くなると言われている。そして飛行機が何らかのトラブルで緊急着陸ないし緊急着水しなければ行けないときその場所はもしも墜落したときに被害が少ない山の中や海の真ん中となる。それらの場所には街灯などはもちろんない。緊急着陸して脱出するときには当たりは真っ暗なわけである。もし飛行機の照明が消されていなかったら、視界ゼロの中危険な外に脱出しなければならないのだ。なので航空機は最も事故が多い離陸後と着陸直前に照明を消すのである。

だから、もしあなたが乗っている飛行機が事故に逢うととしたらそれは照明が消されている間という事になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です