スタジオジブリ「風立ちぬ」の都市伝説|主人公が残した謎

風立ちぬ都市伝説

都市伝説JAPANの過去の記事でジブリアニメ「風立ちぬ」の都市伝説を紹介した。宮崎駿監督の作品には必ずタイトルに”の”が入るのに「風立ちぬ」には入っていない理由を説明したが、今回、「風立ちぬ」の都市伝説は主人公の堀越二郎は実在の人物で零戦などの研究をしていた。やりすぎコージー都市伝説で濱口が紹介したところによると、堀越さんは飛行機の研究だけでなくUFOの研究もしていたという。

そして、1947年、アメリカである事件が起こった。「アーノルド事件」をご存知だろうか。アメリカの実業家、アーノルドが自家用機で飛行中に9個のUFOを目撃したと言った事件である。当時アメリカ軍も事件の詳細を調査したが、結論的にはアーノルド氏の心理的な要因でUFOを見たと勘違いしたとして事件は幕を閉じた。

しかし、民間ではアメリカ軍の見解に懐疑的な見方が多かったという。アメリカ軍はUFOの存在を隠しているのではないかと。

そして、風立ちぬの主人公、堀越二郎氏もこの事件について研究していたそうだ。その内容とはアーノルド事件に関しての12個の仮説だったという。堀越氏が立てた12個の仮説はほとんどそのまま彼の研究ノートにその内容が残ったままだという。3ページ目を除いて。

結論部分で堀越氏は12個の仮説の中の1つを除いてはアメリカ軍が主張するように心理的な勘違いでUFOを見たと思い込んでいるが、1つだけの仮説では心理的な勘違いとしては片付けられず、UFOが本当にいたと言う事になると記していたそうだ。その1つが抜け落ちた3ページ目の仮説だったという。

堀越氏の抜け落ちた1ページの仮説は一体誰が何の目的で奪ったのだろうか。そして、アーノルド事件の真相は本当に勘違いだったのだろうか。その真実は謎に包まれたままである。>スタジオジブリの都市伝説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です