テレビジョンの表紙の都市伝説「魔除けのレモン」

魔除けのレモン

ザ・テレビジョンという雑誌がある。テレビ番組を紹介する雑誌であるがこの雑誌に関する1つ有名な都市伝説をご紹介。

テレビジョンの表紙には人気番組や新番組、雑誌内で特集が組まれているテレビ番組の出演者が笑顔で写っているのだが、彼らは常にその手にレモンを持っているのだ。それは魔除けのためと言われている。1986年、当時、人気だったアイドル岡田由希子さんが自殺をした。岡田由希子さんが亡くなった後、なぜかテレビジョンの編集室には彼女の亡霊がでるようになったのだという。

テレビジョンはおはらいをして、テレビジョンの表紙に魔除けの意味を込めてレモンを写すようになったのだという。なぜレモンなのかはあきらかではないが、テレビジョンの表紙にレモンを写すようになってからは岡田由希子さんの亡霊に悩まされる事はなくなったのだそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です