バイキンマンとジャムおじさんの秘密の関係|アンパンマン都市伝説

アンパンマン都市伝説

アンパンマンに隠された謎を紹介しよう。バイキンマンはいつもいたずらでアンパンマンを困らせているキャラクターである。バイキンマンはあらゆる手段を使ってアンパンマンたちを困らせようとしたり、他人に迷惑をかける。

しかし、バイキンマンは手段を選ばず、誰に対してもいたずらをしているように見える。しかし、バイキンマンが絶対に手を出さない人がいる。それはジャムおじさんである。バイキンマンはアンパンマンの仲間たちにはいたずらをしているがジャムおじさんにだけは一切手を出した事がないのである。また、パン工場にも手を出さない。なぜか・・・。

もしかすると、バイキンマンとジャムおじさんには秘密の関係が結ばれているのかもしれない。実はジャムおじさんはパンを作るときに”ばい菌”を使うのだ。そう酵母菌だ。バイキンマンとジャムおじさんは対等な関係なのかそれとも上下関係などあるのか。はっきりわからないが、ジャムおじさんは笑顔の裏に何を隠しているという都市伝説が存在する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. より:

    181話でじゃむおじさんもやられてるけど

  2. より:

    いや実はバイキンマンはアンパンマンを殺そうとはいていないのではないか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です