大戸屋が成功した理由|やりすぎ都市伝説

大戸屋の都市伝説

ココ数年で日本で人気となっている定食屋チェーン店が「大戸屋」である。大戸屋はなぜみんなに受けたのだろうか?サラリーマンだけでなく、学生やOLなど定食屋さんにはあまりいかなそうな層も取り込んだ事が大戸屋が大きく成功できた理由だろう。

実は大戸屋が始まった当初の出店の仕方にその秘密があったらしい。やりすぎ都市伝説で有名なハローバイバイ関が語った都市伝説をご紹介。

大戸屋は大規模な展開を始める前、かならず出店する場所にこだわっていたという。それは出店する場所を必ず建物の地下一階にする事。

定食屋さんのイメージと言えばサラリーマンや男性メインというイメージだった。女性は定食自体は嫌いではないのだけれども、イメージが先行して定食屋さんののれんをくぐるのに抵抗をもっていたのである。

しかし、お店が地下一階にあれば、話は別。店の前の人目を気にする事なく利用できるから当時、地下一階にあった大戸屋は女性の指示を集める事に成功したのだ。今ではショッピングモールや1階の店舗もある大戸屋だが、最初のとっかかりに一工夫した事が成功のカギだったようだ。→2013年9月27日にやりすぎ都市伝説 秋放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です