4本足のフライドチキン

4本足のフライドチキン

フライドチキンチェーン店では鶏の足だけ使っているフライドチキンが大人気だ。鶏の足以外の部分はどうしているのか。きっと処分に困っているのではないか?そんな疑問から生まれた都市伝説が4本足のフライドチキンだ。

4本足のフライドチキンの都市伝説

フライドチキンを販売していた大型チェーン店での話。そのチェーン店ではその日、バイトと店長だけが夜遅くまで残って仕事をしていた。仕事が一段落し、店長はバイトに「帰って良いぞ」といいどこかへ消えた。バイトは帰り支度をして、店を出ようとしたが、店長に挨拶してから帰ろうと思い店長を探した。

フライドチキンチェーン店には鶏を保存しておく大型冷蔵庫がある。その扉が開いてるのが目についたので店長は冷蔵庫の中で作業しているとわかった。冷蔵庫の前にバイトが行くと、そこには店長がいたが。

「あっ!」バイトがのけぞるほどの大声を上げて店長は驚いた。

「今、ここで見た事は一切口外しないでくれ、頼む。」そう言って店長はバイトに10万円を渡した。バイトは10万円を無言で受け取って岐路についた。

大型冷蔵庫で見たもの、それは足が4本ある姿の鶏たちの肉であった。大型チェーンで大量の鶏の足が必要なこのフライドチキンチェーン会社では遺伝子を組み替えて足を4本にした鶏たちを作り出していたのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です