『平成狸合戦ぽんぽこ」に秘められたメッセージ|ジブリ都市伝説

Maxresdefault  1

1994年に公開されたジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」。この映画の監督は「火垂るの墓」で有名な高畑勲監督である。

ジブリ映画の中ではあまり脚光を浴びない作品ではあるが、94年に公開された映画の中ではトップの興行収入26億円を叩き出したヒット作品なのである。

「平成狸合戦ぽんぽこ」の特色が味のあるたぬきのキャラクターだ。どこかにこんなおじさんいるよな?と思っちゃうようなたぬきがたくさん出てくる。

中でもたぬきの親分たちのキャラの濃さは異常。実はたぬきの親分たちは「自民党の幹部」をモチーフに描かれているのだそうだ。

讃岐のハゲタヌキは香川県の大平元総理
阿波の金長タヌキは徳島県の三木元総理
佐渡島の団三郎は新潟県の田中角栄元総理

となっている。他にも政治家をモデルにしたのではないか、と思われるようなタヌキキャラが多数いる。昔の自民党は与党の座が揺るがなかったこともあり、とても横暴になっていたという。特に幹部はスキャンダルも多かった。

そんな政治の様子を冷静な目で見ていた高畑勲監督は「どうせ政治はたぬきのばかしあいに過ぎないな」

というメッセージを「平成狸合戦合戦ぽんぽこ」に込めたんだという。いつの時代も政治家はそんなものなのかもしれない。→ジブリ都市伝説まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です