ノーベル賞に数学賞がない理由【都市伝説】

NobelP2

ノーベル賞はダイナマイトなどをはじめとする数多くの爆薬類の開発に成功した、アルフレッド・ノーベルという人の遺言にもとづいて設立された賞。

2015年にニュートリノ研究でノーベル賞に輝いた東大教授の梶田隆章氏の受賞は記憶に新しい。

ノーベル賞には各分野で功績を残した人が受賞することになっていて、分野は理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の6つの部門がある。

この分類を見てあれ?と思う人もいるだろう。理系の分野はあらかた含まれているのに、数学は一切ない。

この理由、実はノーベルが若かった頃に数学者に彼女を寝取られた経験があり、それ以降、彼は無類の数学者嫌いになったことが理由なんだそうだ。

こんなに社会性あふれる賞に個人的な感情がひそんでいるとは・・・人間とは深い。

ちなみに「はちみつきんかんのど飴」で有名なノーベル製菓は日本人ノーベル賞受賞者の湯川秀樹の友達が作った会社で、直接的にはノーベル賞もノーベル本人も一切、関係がないそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です