やりすぎ都市伝説の関、やりすぎてマイクロソフトから警告される

やり過ぎ都市伝説でお馴染みの関暁夫。世界各地を回って都市伝説の真相を暴きまくっているが、ついに彼自身にも都市伝説が。

シアトルへいってフリーメイソンと企業の関係性について取材をした関暁夫。

スターバックスの本社にある企業ロゴにはフリーメイソンの「真実の目」があるという取材を行った後、マイクロソフトのビル・ゲイツが設立した「ビル&メリンダゲイツ財団」がフリーメイソンと深く関わっている証拠を掴んだとした。

その理由は財団の本社の形がフリーメイソンのアイコンである、定規とコンパスの形をかたどっているからだとしている。

空撮した写真を見ると確かに定規とコンパスのかたちに見えなくもなかったが、さらに関暁夫は都市伝説を続けた。この財団の真の目的はワクチンの事業を通して人口をコントロールするというミッションと都市伝説を語ったのだ。

M 1211110001

この放送がされた数日後、マイクロソフト社から連絡が入り、関暁夫たちはこっぴどく怒られたそうだ。→やりすぎコージー都市伝説をもっと読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です