1億円の猫【都市伝説】

Cat b01

猫にまつわる都市伝説。

世界で最も高額で取引される猫の品種をご存知だろうか?

アメリカンショートヘアー、アビシニアン、チンチラ、ペルシャ・・・すべて違う。

実はその猫は日本にゆかりのある品種。茶トラと三毛猫なのである。

遺伝子学錠、茶トラはオス、三毛猫はメスが多いのだが、稀にメスの茶トラ、オスの三毛猫が存在するという。

もしもこの2種類が市場に出回って取引されるとしたら、数百万円はくだらない価格で売買される。もちろん1匹の値段である。

一説によればバブル期には1匹1億円にまで高騰したこともあるそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です