百匹目の猿現象

Thumb52

宮崎県串間市の幸島で1970年代に起ったとされる都市伝説。

幸島には猿がたくさん生息しているのだが、ふとしたことから1匹の猿が芋を水で洗うようになった。芋を水で洗うことで土やホコリ等が取れ、除菌になるし味も美味しくなる。それを見たのかどうかはわからないが、2匹、3匹と芋を洗う猿が増えていったという。

そして島に住む猿の100匹目の猿が芋を洗い始めた時に不思議な事が起った。

日本の遠く離れた場所に住む猿も芋を洗い始めたのだ。

遠くに住む猿は幸島の猿の様子をみていたわけでも、他の猿から聞いたわけでもないはずである。まるでテレパシーでも使っているかのように日本全国で次々に猿が芋を洗い始め。この話は結構話題になった。

海外の生物学者も注目するようになり、ライアル・ワトソン教授はこの現象を『百匹目の猿現象』と名づけて本格的に研究、論文を出した。その衝撃的な内容は世の中にあっという間に広がりライアル教授は時の人となる・・・はずだった。だが、論文発表のわずか数日後に”すべてでっち上げだった”と発表されライアル氏もそれを認めた。

しかし、幸島で実際に百匹目の猿現象を目撃していた住民は納得がいかないようすだった。しかし、やがて住民たちも沈黙することになる。島に黒ずくめの外国人風の男たちがたくさん現れ、1軒1軒の住民宅を周り「百匹目の猿現象を口外しないように」と言って周り口止めしたのだ。中には脅迫まがいのことを言われた住民もいたそうだ。

実はライアル氏がでっちあげを認める直前に彼の自宅にもこの男たちが訪れたという。

百匹目の猿現象は世間に知られてはいけない、何らかの秘密が隠された現象だったのだろうか。今となっては誰もその真相を確かめることはできない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です