「格安のカーナビ」都市伝説

カーナビ

まだカーナビが高価だった時代の都市伝説。

ある男がカーナビを中古で購入した。カーショップの一角にある中古品コーナーに定価の3分の1以下という格安価格で中古のカーナビが置かれていた。

迷わず購入した男はその足で、ドライブへ行くことにした。

電源を入れると1ヶ所、目的地が保存してあった。今いる場所からはそんなに離れていない。男はその場所へ行ってみることにした。

「みちなり、3キロメートルです」

「次、右折です」

カーナビが音声で道順を教えてくれる。これは便利だ。実は男は根っからの方向音痴でいつもドライブすると道に迷っていたのだが、このカーナビがあれば無敵になった気になれた。

気がつくと男は山道を走っている。

「この先急カーブです」

こんな注意までしてくれるなんて頼もしい。そう思っていると目的地についたようだった。

「目的地に到着しました」

何もない山道だった。ガードレールがぐにゃりと曲がって、献花がされている以外は・・・。

エンジンを切った男の耳に、電源が切れているはずのカーナビから声がした。

「ここが私の死んだ場所です」

あとから知った話だが、このカーナビの持ち主はその急カーブを曲がりきれずに事故死したそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です