iPhone都市伝説!!指紋認証「Touch ID」がついた理由

Touchid

iPhoneは5SというモデルからTouch IDという指紋認証システムが付くようになった。自分の指紋をIphoneに登録するだけで、ロックの解除やアプリの購入が指紋認証でできる画期的なシステムなのだが、実はTouchIDが付けられた理由は利便性のUPさせるためではない。今日はそんなIPhoneにまつわる都市伝説をご紹介しよう。

Touch IDが搭載される前に起ったAppleの大事件、それはスティーブ・ジョブズの死である。スティーブ・ジョブズは死の直前、Appleの役員にこんなことを言っていたという。

「次の革命のために、すばらしいアイデアを思いついた」

しかし、そのアイデアを発表する前にスティーブ・ジョブズは亡くなってしまった。Appleの社員がスティーブ・ジョブズの遺品を整理していた時の話である。スティーブの机の横から1つの金庫が発見された。スティーブは自分のアイデアを金庫に隠していたのだ。

しかし、その金庫には鍵がなかった。代わりについていたのが、指紋認証システム。スティーブの遺体はすでに水葬されてしまっており、すでに彼の指紋はない。

考えぬいたAppleの社員はiPhone5Sに指紋認証システムをつけるアイデアを思いついた。「指紋は100万人に1人の確率でまったく同じ形になるという。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です