「医者の観察力」都市伝説

尿検査

医学部での授業の話。教授が唐突に学生に向かって言った。

「医者は患者のどんな些細な変化にも気が付かなければなりません。鋭い観察力が必要とされる職業です。ここに人の尿が入ったカップがありますが、この人が糖尿病かどうか判断するために私だったらこうします。と言って人差し指をカップにつけてペロッと舐めてしまった。」

「同じ事ができる人はいますか?」

教室はシーン。と静まり返ってしまった。しばらくして、威勢のありそうな学生が前に出てきて、カップに教授と同じように指を付けてその指をペロッと舐めてみせた。得意げな表情をする学生に横から教授が言った。

「やはりみなさんはまだ、医者としての観察力が不充分なようですね。私は人差し指をカップに付けましたが、口に入れたのは中指ですよ。人間の尿なんて不衛生なものを口にいれるなんて、ありえません。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です