トムとジェリーの真実|アニメの都市伝説

img_1477942_50312141_0

アメリカのアニメ、トムとジェリーにはある都市伝説が語り継がれている。

トムとジェリーとはネコのトムとネズミのジェリーの奮闘を描いたアニメ作品です。ネコのトムはいつもネズミのジェリーを狙います。ジェリーはトムの追撃を巧みにかわして仕返しするというのがオーソドックスな内容で全体を通して喜劇のような内容のアニメです。

トムとジェリーの隠された真実

ジェリーが大人になった頃、トムはこの世にはいませんでした。

平穏な生活を手に入れたジェリー。トムの存在がなくなってからネズミのジェリーは幸せに暮らせていると思っていました。しかし、ココロにどこか空虚感がある。ジェリーは自分の生活に穴が空いてしまったような感覚に陥っていました。しかし、それがなぜなのかはわかりません。

ある日、ジェリーは1匹のネコと遭遇します。ジェリーはトムから逃げるのがとても得意だったのでそのネコからもすぐに逃げられるだろうと思っていました。

しかし、ネコは素早く動いてジェリーを追いかけます。あっという間にジェリーは捕まってネコに食べられてしまいます。ネコに食べられている時、ジェリーは始めてトムの真実に気がつきました。

トムはわざとジェリーを逃がしていたのでした。

そもそもネズミをとる達人であるネコがネズミを毎日取り逃がすはずがありません。野生の本能と生まれ持った運動神経でネズミを捕まえる事はいとも簡単なのです。

トムはジェリーの事が大好きでした。だからジェリーと遊ぶために追いかける振りをして、わざとジェリーを取り逃がしていたのでした。明日もまた遊べるように。

ジェリーはトムの優しさに今やっと気がつきました。そして、完全にネコに食べられてしまったジェリーは天国でトムと再開して、天国でまたおいかけっこを始めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です