「森元総理とクリントン大統領」都市伝説

森元総理大臣都市伝説

日本で沖縄サミットという国際会合があった時の都市伝説だ。当時の総理大臣は森喜朗氏。アメリカの大統領はクリントン大統領だった。森元総理は英語が超苦手で中学生英語レベルでもあやしいほどだったと言われている。しかし、日本が主催国となっている国際会合で各国の代表と英語であいさつをしないとかっこがつかない。ということで森元総理の側近だった人が英語でのあいさつを事前にレクチャーした。

「いいですか。まず森総理からクリントン大統領に話しかけてください。” How are you ? ” =調子はどうですか?という意味です。クリントン大統領は” I’m fine thank you and you ? ” =良いですよ、あなたはどうですか?、と聞いてくるでしょう。なので森総理は” Me too “=私もですよ。と答えてください。」

沖縄サミット当日。クリントン大統領を前にして森元総理は緊張してしまった。そして、英語であいさつ。
「Who are you ? (誰ですか)」
一国の大統領に向かって、言ってはいけないことをしょっぱなからブチかましてしまう森元総理・・・。

しかし、運良くクリントン大統領はそれを森元総理の冗談だと解釈してくれた。
「Haha, I’m Hillary’s husband !」(私はヒラリーの夫ですよ!)とアメリカン・ジョークで返す。

自分がミスしていることにも気が付かず、笑顔でテンションが高くなってるクリントン大統領をみて、自分の英語はイケていると思ってしまった。森元総理は最後に満面の笑みでこう言った。
「Me too !!」

一気にその場は凍りついてしまったそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です