ブラックジャック「もらい水の予言」都市伝説

ブラックジャックの予言

島耕作の予言」に続き、漫画アニメの都市伝説を紹介しよう。手塚治虫の作品で現在でもアニメ化されるなど人気がある「ブラックジャック」には明らかに未来を予言したとしか思えない描写があるという。それは「もらい水」という話でストーリーの途中で架空の設定で大震災が起きるという内容なのだが、震災の情報が未来に起こる大震災とどんぴしゃなのである。

ブラックジャック「もらい水」の1コマで描かれている震災の情報は
日 時/1978年
6月14日午前8時ごろ

震源地/東北地方一帯

震 度/マグニチュード7・5

スクリーンショット 2016 02 05 11 32 31

この震災のデータは2008年に発生し、死者13名、行方不明者10名、負傷者448名を出した、岩手・宮城内陸地震と合致する。

日 時/2008年6月14日午前8時43分ごろ

震源地/岩手県奥州市と宮城県栗原市(東北地方)

震 度/マグニチュード7・2

震災が発生するちょうど30年前に日時や場所、マグニチュードまでほぼ同じに描いている。偶然にしてはあまりに出来過ぎているとは思えないだろうか?手塚治虫は将来を予知していたのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です