「事故物件に住んで月30万がもらえるバイト」都市伝説

事故物件に1ヶ月住むバイト30万

不動産業界につたわる都市伝説。

「事故物件」という言葉をしっているだろうか。住居人が自殺したり、殺人が起きたりしてその部屋の住人が死んでしまった物件のことである。前の住居人が部屋で亡くなっているということであれば住む人にとっては心理的負担がかかるので事故物件を取り扱う不動産屋は事故物件の場合は借り主が部屋を契約する前に説明しなければいけない義務がある。

しかし、その義務はあくまで「前の住居人が亡くなった場合」の説明義務なので、1ヶ月でも他の人が住んでしまえば説明する必要はなくなる。

そこで不動産屋は高額なバイト代をだして、「事故物件に1ヶ月住むアルバイト」を募集しているそうだ。その報酬相場はなんと30万円。お金をもらえ、部屋を提供してもらえるのである。これ以上高待遇のアルバイトがあるだろうか。住む部屋のことを無視すれば、の話であるが。

このバイトを利用し、芸人の松原タニシはただ同然で数ヶ月単位で事故物件を転々としていたという。しかし、事故物件に1ヶ月間も住むと大抵の人は1ヶ月後に人間が変わってしまったようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です