「富士山噴火を予言したイルミナティカード」都市伝説

イルミナティカード

1995年に「秘密結社」や「陰謀論」や「オカルト」などのネタがコンセプトになったカードゲーム「イルミナティ・ニューワールドオーダー」が発売された。

このカードゲームは世界征服が目的の秘密結社、金集めが目的の秘密結社、混沌の世界をつくるのが目的の秘密結社など、プレーヤーはさまざまな目的の秘密結社の1つになり、陰謀を張り巡らせ目的を果たせば勝利となるゲーム。

発売当時はジョークの一種と捉えられていたが、カードに記された内容がことごとく未来を予言していくので実は予言のカードなのではという都市伝説が流れている。

「イルミナティ・ニューワールドオーダー」が予言した歴史的な事実を紹介。

9.11の同時多発テロ

「Terrorist Nuke」というカードで世界貿易センタービル(ニューヨーク)に似たビルがテロにより爆破されている様子が描かれている。2001年9月11日に9航空機をWTCに激突、爆破するアメリカ同時多発テロを予言している。

3.11の東日本大震災
「Nuclear Accident」というカードに予言がある。原子力事故のカードで、カードを逆さに見ると絵柄の中に311の文字が隠されていて、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震よって発生した3.11東日本大震災の原発事故を予言していた。

まだ起こっていない予言


怖いのがまだ現実に起こっていないイルミナティカードの予言である。「Volcano」という火山が噴火しているカードがあり。611の数字と阿蘇山、915の数字と富士山が隠されていると言われている。近い将来に大噴火をすると言われている阿蘇山と富士山のことを予言しているのだろうか。その真相は神のみぞ知ることである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です