「スネ夫の弟スネツグ」ドラえもん都市伝説

ドラえもん都市伝説

国民的漫画、「ドラえもん」にまつわる都市伝説をご紹介。

ドラえもんに登場するお金持ちの御曹司設定のスネ夫。

スネ夫の家族は何人だろうか?3人と答える人がほとんどだろう。
スネ夫、スネ夫のパパ、スネ夫のママ。この3人。実は違う。

スネ夫には弟がいた。

その名もスネツグ、ドラえもんの連載が始まった当初はスネツグが登場しているてんとう虫コミックス40巻にははっきりとのび太が「スネ夫の弟」と言っているのが確認できる。しかし、途中から一切「ドラえもんの作中にでることがなくなり」かなり時間が経過したあるときに「スネ夫のニューヨークのおじさんの家に養子に出された」という設定が追加されその後はスネツグの話題さえ物語に出てくることはなかった。スネツグがいなくなった理由は、作者の藤子・F・不二雄もその存在を忘れてしまったからだそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です