平成狸合戦ぽんぽこの都市伝説

平成狸合戦ぽんぽこ

人間の住む町と狸の争いを描いた平成狸合戦ぽんぽこにまつわる都市伝説。

平成狸合戦ぽんぽこの中では人間の自然破壊が狸たちのすみかを奪って行き、狸たちは人間と戦う事を選ぶ。この図式はある歴史的な事件をモチーフにしているのである。

それは、第二次世界大戦のアメリカと日本。

第二次世界大戦時、アメリカは日本の周辺をじわじわ固めて行き、日本はアメリカにやられるまえにやらなければ!という思いから世界最強の国へ戦争を挑む事になったのである。

まさに、平成狸合戦ぽんぽこの劇中で力では勝てないとわかっている狸たちが人間に戦いを挑んでいく様と同じである。

そして、平成狸合戦ぽんぽこに出てくる狸たちは自民党の政治家をモデルにしているという。

讃岐のはげ狸→大平元総理

阿波の金長狸→三木元総理

佐渡島の団三郎→田中角栄元総理

平成狸合戦ぽんぽこはジブリ作品としては珍しく政治をテーマにした作品だったのである!>スタジオジブリの都市伝説まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です