タモリさんのサングラスにまつわる都市伝説

タモリサングラス都市伝説


司会者などでお馴染みのタモリさんにまつわる都市伝説。


タモリさんはお昼の伝説の番組の司会者を数十年したことで有名で、かの番組が終了したあと

”タモロス”、=タモリロスト、つまりタモリさんが見れなくなってさびしい気持ちになる。

という人が多く出たことでも影響力の大きさがわかると話題と鳴った。


そんなタモリさんのトレードマークがサングラス。

タモリさんはどんなときでもサングラスを外さない。

タモリさんは実は義眼だからサングラスを外せないのだという。


「6歳のころ、倒れてきた電柱を覗きこんだら出ていた釘が目に刺さって失明してしまった」。

嵐(雷)の日に、電線が切れてぶら下がっていてそれが目に入ってしまった」.など

タモリさんが失明してしまった理由は諸説あるが、どの都市伝説が本当なのかはわからないままだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です