スーパーマリオのモデル都市伝説

スーパーマリオ都市伝説


世界的に大ヒットとなった任天堂のゲーム「スーパーマリオ」。

横スクロールの世界観の定番ゲームとなっている。

日本で650万本以上、海外では3000万本以上を売り上げる超ヒット商品となった。

きのこで大きくなったり、火を吹いたりというアイデアも

今ではおなじみだが、当時としては画期的だった。


しかし、この設定を作ったのはゲームクリエイターではなかった。

アメリカに住むマリオさんという人はドラッグきのこで中毒になっていた。

彼は「きのこでビッグになる」と発言したり、花を取ると火を吹くなどと語っていたという、

幻想を面白おかしく語ることで有名だった。


このマリオさんの話を聞いた任天堂のゲームクリエイターが

スーパーマリオを生み出したのだそうだ。


残念ながらモデルのマリオさんはスーパーマリオの発売直後に亡くなってしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です