「イカの大群」釣り師の都市伝説

イカ都市伝説


私は趣味の一つである釣りによく行きます。もっぱら海釣り専門なのですが、私は船に弱いので防波堤とか磯でやります。

その日も 朝早くから支度をして出かけました。そこは険しい崖になっていて、人があまりこないため絶好の穴場で、私のお気に入りの場所でした。

夕方になり、そろそろ引き上げようと思っていた頃、静かだった海面がいきなり光を発してしぶきをあげ始めた。はじめは何事が起こったのかと思い、海面を見ているとどうやらイカの大群である事に気づいた。釣れるどうか分からなかったけど、とりあえず糸を垂らしてみた。

すると、すぐに食いついてきた。リールを巻いているとかなりの力で引っ張られる。イカにしてはやけに強い力で引っ張るので、改めて海面をのぞいてみた。

それは、イカなんかじゃありませんでした。うねうねとうごめくそれは、何百、何千という人の手でした。

海面をもがきながら私の投げ入れた糸に向かって集まっている。ますます、引っ張る力が強くなっていき思わず釣り竿を離してしまった。海中に沈んでいく竿にどっと手がからみついていく。

後で知ったことだが、その崖は自殺の名所として有名な場所だったらしい。私も、もう少しで海の中に引きずり込まれるところでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です