ケガをした動物へ寄付を

動物


インターネットで噂される都市伝説。


とあるWEBサイトにケガをした動物の写真がアップロードされていて、


「この子たちを治療するために寄付をお願いします。」


というメッセージが書かれており、その横にはお金の振り込み先が書かれているんだそうだ。


動物たちは足が1本なかったり、頭に大きなキズがあったり、中には内蔵が飛び出ているものまである


そして、数日後には、「みなさんの寄付のおかげで元気になりました。」


というメッセージと共に1匹ずつケガをしていた動物たちが元気になった


様子が画像でアップされているんだそうだ。


寄付で元気になってよかった。


そう思ってはいけない。元気になった画像はどこかおかしい。


足を切断されてしまった動物の足が再生することなんてあるだろうか?


いくら良い治療をしてもそんなことはありえない。


内臓が飛び出している動物が本当に治療したら助かるのか?


サイトの運営者がアップロードしている画像はケガをする前の動物の写真なのである


いったい、集まったお金は何に使われたのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です