バミューダトライアングルの都市伝説

バミューダ トライアングル

バミューダトライアングルとはバミューダ諸島、プエルトリコ、フロリダの3箇所を結んだときにできる、
三角形の領域のことを指す。バミューダトライアングルの中では船や航空機が消息不明になる事件が起こる。
1872年メアリーセレスト号事件では、突如として異常な航行をしているメアリーセレスト号が発見され、
異常に気がついた他の船の船員がメアリーセレスト号の中へ突入して様子を見に行ったところ、
船には誰ひとりとしていなかったという。しかし不可解なことに船内にはさっきまで船員がいた
ことを示すように熱いコーヒーやパンなどがテーブルに置いてあったという。

1881年エレン・オースティン号事件。オースティン号が遺棄船スクーナーを発見しオースティン号の数名が
スクーナーに乗船したが、まもなく濃い霧に見まわれオースティン号とスクーナー号はお互いの場所を見失う
霧が晴れてオースティン号の船員がスクーナーの様子を見に行くと数人が乗り込んだはずのふねは無人になっていた。

1945年空のメアリー・セレスト号事件。フォート・ローダーデール空軍基地を飛び立った米国軍の戦闘機は
1時間30分程度周辺をパトロールしたあと不可解な通信を送ってきた。
「我々はコースをはずれたらしい。陸が見えない・・・繰り返す・・・陸が見えない」
「どっちが西がわからないんだ。何もかもおかしい・・・変だ・・・方向が、さっぱり掴めない。海さえ、いつものようじゃない!」
「われわれのいる場所はどうやら・・・」
「白い水に突入」という謎めいたメッセージを残し、第19飛行編隊からの連絡は完全に途絶えてしまった。

バミューダトライアングルの都市伝説を解明しようと世界中の科学者が検証を行ってきたが、
未だになぜこの領域で消息不明事故が頻発するのかはわかっていない。一説によれば、この
領域では小さいブラックホールが発生しているとか、メタンガスが大量に放出されている
などと言われているそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です