強盗の都市伝説

強盗の都市伝説
その地域では有名な大金持ちの家に強盗が入ったという。

その大金持ちは会社を経営しており毎晩誰かと会食を入れており、かなり恰幅のよい体つきをしていたそうだ。

強盗は大金持ちの家を襲い、大金持ちを殺してしまった。

金目のものを車につぎ込んでいった強盗は大金持ちの指についていた金の指輪を獲ろうとしたが
太った大金持ちの指から指輪は外れなかった。

強盗はその大金持ちの指ごと切り取って指輪を持ち去ったそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です