QWERTYキーボード配列の都市伝説

一般的にみんなが使っているキーボードはQWERTYキーボードと言われるものだ。

QWERTY キーボード都市伝説

このキーボードの配列はよく目にするが、どうやってこのアルファベットの配列に決まったかを知っている人は少ない。

PCが復旧するはるか昔、はじめてQWERTYキーボードを採用したのはタイプライターだった。

それまでキーボードという概念がなかったひとたちにタイプライターを売る時には

ペンで書くよりもタイプライターで素早く入力する方がいいことをわかってもらう

必要があった。

そして、タイプライターの営業が「typewriter」と素早く打てるキーボード配列に

したところ、そのメーカーの商品が飛ぶように売れたのだそうだ。

そう、そのタイプライターの配列こそ、QWERTYキーボードなのである。

QWERTYキーボードの2段目を見ると、「typewriter」のスペル全てが

綺麗に1列ならびになっている。

QWERTYキーボードの配列は単純に商品を売るためのパフォーマンスを

しやすいために作られた配列だったのだ。

実はあまり知られていないQWERTYキーボードにまつわる都市伝説だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です