【都市伝説】映画タイタニックの主人公ジャックはローズを守るために未来から来た?

タイタニック都市伝説

1997年に公開され全世界で爆発的なヒットとなった映画「タイタニック」全米で6億ドル、日本で興収記録262億円(配給収入160億円)全世界で18億3500万ドルと、同監督の『アバター』に抜かれるまで映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックに登録されました。

映画「タイタニック」1912年に実際に起こった事件である豪華客船タイタニック号の沈没を舞台に描かれた上流階級の女性と貧しい青年のラブストーリー映画です。タイタニック号が沈没するシーンは当時としてはリアリティに溢れた描写となっており、迫力やリアリティが話題になりました。

この映画「タイタニック」にまつわる都市伝説を紹介しましょう。それは「タイタニックの主人公ジャックはヒロインのローズを入水自殺から助ける為だけに未来から来た」という都市伝説です。

有名ブロガーK Tempest Tumblesさんが自身のTumblrページで紹介し、一気に有名になりました。映画「タイタニック」のシーンにはジャックが未来から来たとしか思えない描写やセリフがあるのです。4つの証拠をご紹介しましょう。

都市伝説の証拠1 当時のお金を持っていない

02101007_cards-this-insane-titanic-theory-will-blow-you-away-jack-is-a-time-traveler-sent-from-the-future

ジャックは当時のお金を持っていなかったためギャンブルをしてチケットを購入するしかなかった。いくらお金を持ってないとはいえジャックは極端にお金がありません。身なりはさほど汚い印象はないので不自然です。

都市伝説の証拠2 ウィスソータ湖での釣り

ジャックはアメリカのウィスソータ湖で釣りをしたという話をします。実はこのウィスソータ湖はタイタニック沈没の5年後、1917年に人工的に作られた湖なので1912年の人が釣りをすることはできないのです。

都市伝説の証拠3 ファッション

タイタニック都市伝説

ジャックの髪型はものすごく現代っぽいです。1912年当時の男性の髪型といえば短髪、多少髪が長くてもきっちりジェルなどでまとめていることがほとんどですが、ジャックの前髪は目元まで伸び、特に髪をまとめている様子はありません。しかも注目すべきは彼の背負っているリュックサックです。あのデザインのリュックサックは1930年代に流行するデザインなんだそうです。タイタニック沈没事件の約20年後ということになります。

都市伝説の証拠4 サンタモニカのジェットコースター

彼はローズにサンタモニカ・ピアのジェットコースターに連れて行くと約束していました。しかし、このジェットコースターができたのは1916年、つまりタイタニック沈没事件の4年後なので彼が知っているはずはないのです。

なぜ、映画「タイタニック」のジャックは未来からきたのか?

ジャックが未来から来た理由はただ1つ、それはローズを入水自殺から救うためだったと言います。ローズが入水自殺をしていれば船は一旦停泊してローズの捜索をしたりヘタしたら運行を中止して引き返すなどという事態になって氷山にぶつかっていなかったかもしれないのです。それなのにジャックはローズを助けたということは彼は未来でローズの入水自殺を知っていてそれを止めるためだけにタイタニックに乗船したとしか思えません。

どうだったでしょうか?ジャックが未来から来たという根拠を4つご紹介しました。まさかタイタニックにこんな都市伝説があったなんて筆者おどろきです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です