元サッカー日本代表監督ジーコの都市伝説

こんにちは、今日紹介する都市伝説はスポーツにまつわる都市伝説です。

日本代表のジーコにまつわる話。実はジーコは日本語をほとんど理解できているという。

その証拠に鹿島時代の練習風景の映像で、「ヤナギサーワ、イッカイソトニヒライテ、DFノシヤカラキエテ。クロスアガッタラァ、ナカヘキリコム」

などと日本人でも難しく感じるような表現を多様できているのがカメラに移されている。

ジーコは会見の時に常に通訳を通しており、発言も母国語であった。なぜ、ジーコは日本語を理解できるにも関わらず、一切公の場では使用しなかったのか。ジーコは完璧主義者として知られている人物である。ジーコは自分の完璧でない日本語を公の場で披露してしまうのを避けたかったのかも知れない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です