レッドブルを飲み過ぎると・・・「〇〇したら死ぬ」都市伝説5話紹介!

生活の中で簡単にできる行動にはなんと死にいたる可能性が高い事が隠れていた。今日は〇〇すると死ぬ!都市伝説になっている5つの行動を紹介しよう。

扇風機に当たり続けると死ぬ。

夏場に扇風機にあたり、うとうとした経験のある人は多いだろう。しかし、この行動は実は死につながる危険性があるという都市伝説があるのだ。原因は脱水症状。扇風機の風が口元から体の水分を奪ってしまうから。扇風機の風が口元に当たる状態で数時間寝てしまうのはとても危険な行動だという。

ぎんなんを食べ過ぎると死ぬ。

秋になると美味しく食べれるのがぎんなん。しかし、ぎんなんの食べ過ぎにはご注意を。ぎんなんに含まれるメトキシピリドキシンという成分は人体に有害な成分で中毒症状を引き起こし、最悪の場合死に至る可能性があるというのだ。基準は成人でぎんなん40個以上と言われている。子供がぎんなんを食べるときは注意してほしい。

水を飲み過ぎると死ぬ。

水分は多く摂るほうがいいと聞くが、飲み過ぎると命の危険にさらされることもあるという都市伝説である。人間の血液には電解質という生命活動を維持するのに必要な成分が一定量常に存在するのだが、水の摂取しすぎによって電解質の濃度が変わってしまうと麻痺症状が現れ、最悪の場合心臓麻痺により死亡してしまう可能性があるという都市伝説だ。

ジュースを一気飲みすると死ぬ。

ジュースを一気飲みする行為は時に危険だという。健康な人なら問題はないそうだが、糖尿病の人がこの行動を取ると血糖値が急上昇して死に至る可能性があるというのだ。すでに糖尿病と病院で診断されている人は気をつけるので問題ないのだが、軽度の糖尿病の人は自分が糖尿病だと自覚してない場合があり年間何人かはこの行動により死亡しているという。

レッドブルを飲み過ぎる

エナジードリンクの飲み過ぎは危険で、ドリンクに多量に含まれるカフェインは心臓に大きな負担をかけることがあるという。実際に海外ではエナジードリンクを飲み過ぎた人が急死する事故が多数起きているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です