鏡|とっておきの怖い都市伝説を紹介します。

友人から聞いたちょっぴり怖い都市伝説を紹介しよう。

友人の会社には本の執筆や講演会に出るようないわゆる「先生」がいた。

たしか、専門は経営コンサルとかでMBAとか難しい知識を教えられたそうだ。

その先生は日本全国オファーが入ったらどこでも講演会へ登壇していたそうだ、

だから会社は東京にあるんだけれど、月の大半は地方巡回に出ているみたいな

そんな人だったそうだよ。

ある日、四国のどこかの県だったか忘れてしまったけれど小さい公民館で

開かれるセミナーへ参加したらしい。その会場は寒かったこともあり、

用を足したくなってしまったそうだ。

「トイレはどこ?」

会場をよく知るスタッフにトイレの場所を聞くとさっと席を立ち

「ちょっとお手洗い行ってきます。」先生は会場をしれっと抜けていった。

廊下をまっすぐ行くと、すぐトイレがあった。古めかしい作りで昔の

小学校のトイレという感じの内装であったそうだ。

先生は用をたすと手を洗いに洗面台へ行った。自分が話す直前だったので、

身だしなみチェックも欠かせない。髪型が変じゃないか?スーツは乱れてないか?

よし、大丈夫だ!と思った瞬間、鏡のむこうの壁に誰かがいることに気がついた。

鏡のむこうなので、実際は先生の背後になるんだが、その場所に人がいる。

しかも用をたすわけでもなく、トイレの角に突っ立って上を見上げている。

「(変なやつだなあ・・・・ちょっと頭がおかしいのかも・・・)」

そう思った先生がトイレを出ると、スタッフがいた。彼もトイレに来たという。

「ちょっと、ちょっと。なんかトイレに変な人いるよー。」と先生が言うと

本当ですか?とスタッフは訝しげな様子を見せた。

「直接は見てないんだけどさ、洗面台の鏡に写ってたのこんなふうに天井見上げてる人」

先生が状況を説明するとスタッフは言った。

「うちのトイレには・・・鏡はありませんよ。」

友人から聞いたちょっと怖い都市伝説を紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です