散歩をすると頭の働きが良くなる!考えがまとまる!|都市伝説

今日紹介する都市伝説は散歩をすると頭の働きがよくなり、考えがまとまりやすくなったりアイデアが浮かんでくるという都市伝説である。

科学的にはまだちゃんと解明されていないのであるが、会議やアイデアを練っている時に部屋の中ではなく外で散歩しながら考えるビジネスマンは意外に多いのだ。

例えば、今度iPhone6の発表があるのでは?と噂されるAppleの元CEOスティーブ・ジョブズさんやFacebookの創業者マーク・ザッカーバーグさん、Twitterの創業者ジャック・ドーシーさんも散歩をしながら考える事に大して賞賛していたという。ゴールドマン・サックスのような1日に数億円を動かすような証券会社のディーラーも朝、ジムに通ってから出射する事があるそうだし、経営コンサルタントをしている人も朝ジムはかかせないそうだ。

つまり、歩くだけでなく、体を動かす事は脳を活性化させ、アイデアや問題解決、論理的な説明を導き出しやすくするのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です