技術的特異点(シンギュラリティ)とは?|技術的特異点の都市伝説

技術的特異点(別名:別名シンギュラリティTechnological Singularity)とは、機械の革新的な進化が今のスピードで進むと指数的に機械の能力が上がり、コンピュータの知能が人類の知能を超えて機械が知的生産を行うようになり、機械が自ら成長しだすことで急速な進化をする時点を示す。

現在、人類はコンピューターサイエンスの進化を急速に加速させていて、最近では人工知能の開発にも乗り出した。

アメリカではNASAやGoogleといった一流の組織が人口知能の研究開発をする団体を組織している。技術的特異点は20年〜30年程度と諸説があるが今世紀中には人類は技術的特異点を目にする事となる。「学び自らをプログラミングして成長する人工知能」が人類最後の発明となり、その後の発明はすべて機械(コンピュータ)が発明するようになるという。

技術的特異点に達した時のイメージはハリウッドのSF映画が現実化するようなものと説明されることが多い。

「2001年宇宙の旅」ではは人類の木星探査機プロジェクトを成功させるため、プロジェクトの邪魔とされる乗務員を抹殺しようとした人工知能HALが描かれた。HALのように目的達成のために人類を抹殺すべきとかんがえるAI(人工知能)が存在した場合は怖い。

「攻殻機動隊」「マトリックス」では人の意識がコンピュータの中に入るという概念を描いている。人の意識は電気信号である事が知られているので理論的には電気信号を融合させることでインターネットの世界に人の意識をアップすることも可能になるかもしれない。

「ターミネーター」では軍事用の人工知能スカイネットが人類の抹殺を図ろうとしている未来が描かれる。スカイネットはターミネーターを生産して人類の抹殺を図るのである。

映画で描かれる技術的特異点後の世界はどちらかと言えば暗いものが多いが、もちろん明るい側面もある。技術的特異点において人工知能は人類の全知能を合わせるよりも高い知能を有する事となるので人類が解決できなかった病気や災害などの解決方法を瞬時に出すことができたり、技術開発においても目的を達成するために人類が発送できないような解決方法でアイデアを考案し開発までプランニングし生産まで管理するので人が介在しないでも多くの技術革新や発明が出てくることになるかもしれない。

技術的特異点に関しては多くの議論がなされるようになってきている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です