妖怪ウォッチ「ジバニャン」都市伝説

ポケモンを超えるのではないかと言われるほど人気となっている「妖怪ウォッチ」ジバニャンと小学生の主人公が活躍するニンテンドー3DS用のソフトなのである。妖怪ウォッチにはまだ都市伝説と呼ぶほどの都市伝説はないのであるが、妖怪ウォッチに関する話を2つほどご紹介。

ジバニャンは妖怪じゃない地縛霊

妖怪ウォッチというくらいだからジバニャンは化け猫と思っている人が多いがそれは違う。

ジバニャンは無念の死を遂げ成仏できなかった猫の地縛霊なのである。ネーミングは地縛霊からきていたのだ。

ジバニャンが猫だった頃。女の子に飼われていて幸せな毎日を過ごしていたのであるが、ある日女の子が車に轢かれそうになるそれを助けようとしたジバニャンは自分が車にはねられてしまうことに・・・。死の間際女の子から言われた、「車に轢かれて死ぬなんて、ダサ・・・・」という言葉にショックを受け成仏できなくなってしまったのである。

ジバニャンの腹巻きはタイヤ痕

ジバニャンは腹巻きをしている。猫として幸せに暮らしてた時にはしていなかった腹巻きであるが、なぜ突然腹巻きを着用するようになったのか?

実はこの腹巻きは車にはねられた時にできたタイヤ痕なのだという。そう考えるとなんだか切なくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です