インドの女

ある男がインドで旅行中の話である。

男はインドの首都を観光していた。昼間はまるで日本とは違う町並み・文化にふれインドを堪能した。夜になると男は歓楽街へ出かけて行って、これも旅の思い出と女を買う事にした。

歓楽街で客引きをしている者に「女を買いたいんだけれど」というと客引きらしき男は路地裏にある1店の店へ男を案内してくれた。

値段を聞くと、インドの物価からしてかなり高い金額を要求されたが、男が支払えない額ではなかったので、男はお金を支払った。

その後は女性をホテルへ連れて行って一夜を共にしたという。翌朝。男が目をさますと女はまだそばにいた。そして突然ひざまずいて、

「おはようございます、ご主人様」と言ったそうだ。

男は本当に女を”買って”しまったようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です