ドッペルゲンガーの都市伝説

記憶が無い場所で自分を目撃したと知人から言われた経験はあるだろうか。

ただの見間違えだろうか?

その知人が見た自分はもしかしたら、ドッペルゲンガーかもしれない。

ドッペルゲンガーとは自分の分身である人物であり、世界に3人はドッペルゲンガーが

どこかに存在しているという。

ドッペルゲンガーの特徴は自分と酷似しているだけでない。

本人にゆかりのある場所に現れる、知人とは決して会話しない、などといった特徴である。

また、もしも自分自身で自分のドッペルゲンガーを見てしまったら、その人は死期が近い

という都市伝説も存在する。

ドッペルゲンガーの目撃例はかなり昔からあり、

アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン

芥川龍之介

帝政ロシアのエカテリーナ2世

など社会的地位を得た有名人でもドッペルゲンガーを目撃された

事例が存在しているそうだ。

フランスの著名人エミリー・サジェは実に40名もの人たちに自分の

ドッペルゲンガーを目撃されたと言われている。

ドッペルゲンガーを否定する説として、脳が引き起こす勘違いと

いう人もいる。autoscopyという脳の異常では自分の分身の幻覚を見るという。

これは脳にできた腫瘍が原因となるらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です