映画「猿の惑星」都市伝説

映画「猿の惑星」にまつわる都市伝説をご紹介しよう。

猿の惑星は実際の歴史をモデルにしていると言われている。

それは、作者の小説家ピエール・ブールが生活していたフランスでの出来事である。

フランスでは当時、アジア人を奴隷のように使っていたという。

しかし、第二次世界大戦でビルマが占領されると日本人によって彼らは

捕虜として収容所に送られてしまうのである。この逆転現象にアイデアを

得た小説家ピエール・ブールは「猿の惑星」を描く事ができたのだという都市伝説である。

白人と黒人の関係がモチーフになっているという都市伝説もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です