夢にまつわる都市伝説

夢にまつわる都市伝説をご紹介しよう。

あるところにごく普通の女子高生がいた、彼女はある時期同じ悪夢を繰り返し見るという不思議な現象に見舞われていた。

その夢とは自分が知らない男にメッタ刺しにされて殺されてしまう夢だったという。

同じ夢を頻繁に見る事から彼女は疲れているのかと思っていた。

そんなある日、彼女は下校途中に妙な感覚に襲われた、走っている車、目の前を歩く人、空の感じ、偶然が重なっているはずなのに全く同じ記憶が自分の脳内にある・・・。

夢だ!彼女は気がついた、悪夢の中の自分の状況と同じなのである。

彼女はとっさに家族へ連絡をとり、迎えに来てもらう事にした。家族との待ち合わせをしていたコンビニで立ち読みをしていた彼女がふと外を見ると、そこには悪夢の中でいつも彼女を襲っていた男が立っていた。青ざめる彼女に男は言った。

「夢とちがうじゃねえか!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です