サブリミナル効果の脅威!洗脳にまつわる噂話

サブリミナル効果。という言葉を聞いた事があるのだろうか。人間は意識と潜在意識の境界線で視覚的にメッセージを繰り返し見せられるとそのメッセージの通りに行動してしまうという現象の事である。

サブリミナル効果の有名な実験に「ジェームズ・ヴィカリの実験」という話がある。1957年。「ピクニック」というかわいらしいタイトルの映画の中でジェームズ博士はあるメッセージを差し込んだ。

「コカ・コーラを飲め」

「ポップコーンを食べろ」

この2つのメッセージを3000分の1秒という人間が認識できない短い時間で5分起きに見せたという。この結果、サブリミナル効果を使用しなかった場合と比較し、サブリミナル効果を利用した時のコーラの売上げは20%上がり、ポップコーンの売上げは60%上がったという。

この実験結果からサブリミナル効果は実証され、またその脅威も広く認知された。

現在では広告などでサブリミナル効果を使用する事は禁止されている。人間は洗脳にかかりやすい動物なのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です