Iphone 4Sにのネーミングにまつわる噂

iphone4s

世界的に大人気のスマートフォンIphoneにまつわる噂をご紹介。実は世界的にはアンドロイドケータイ。特にサムソン製のギャラクシーの方が人気があるのだそうだが、日本ではIphoneの方が人気があるという。日本人様式美が好きだからIphone の洗練されたデザインやインターフェイスが気に入っているのだと筆者は思う。

前置きが長くなった。Iphoneにまつわる都市伝説はこんな話である。歴代のIphoneのネーミングは下記のとおりとなる。

・iphone

・iphone3G

・iphone4

・iphone4S

違和感を感じないだろうか。iphone3Gは3G対応したという事で3Gというネーミングが付いているが、4Sはどういう意味なのか。その意味は特にアップルから公表されていない。

実は4Sのネーミングはiphone4Sが発売された年にヒントが隠されていた。Iphone4Sが発売されたのは2011年。その年、あるニュースが世界を驚かせた。スティーブ・ジョブスの死である。アップルをよみがえらせ、Iphoneで世界のモバイル市場を変えた一人の偉人が亡くなったのである。

アップルはスティーブへのリスペクトを込め、新型iPhoneのネーミングを発売直前に変えたんだそうだ。

4SとはFor Steve「スティーブへ捧げる」という意味だったのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です