「千代田線は核シェルター」の都市伝説

千代田線の都市伝説

東京の地下鉄は稀に深い地下を走る事がある。国会議事堂の地下を走っている千代田線は副都心線が作られる前まで東京で最も深いところを走る路線だった。

なぜ、千代田線がこんなに深いところを走る必要があったのか。それは国家的なある策略がアッッタと言われている。

千代田線は有事の時の核シェルターなのである。

国政の中枢を担う国会議事堂。もしも他国から攻撃を受けるとすれば、国会議事堂を狙うのが最も日本の力を奪う攻撃となるだろう。その攻撃に備え、日本政府はわざと国会議事堂の下に路線を走らせ、その深さを地下37メートル以上という核シェルターとしては十二分の深さにしたのである。国会議事堂から千代田線までには秘密の通路があり、有事の際は国会議員が千代田線まで逃げ込めるよう設計されているのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です