チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る|都市伝説

チョコレート 鼻血

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るという都市伝説はとても有名で、子供の頃に両親から言われた経験がある人も少なくないはずである。その内容とは、「チョコレートを食べ過ぎると栄養が有り余ってしまい、行き場を無くした栄養をからだが処理する為鼻血が出る」というのが通説である。(他にもパターンは存在する)

しかし、最近ではこの都市伝説は嘘であると言われている。医学的にチョコレートと鼻血の因果関係は薄いと言われるようになったからである。

では、なぜこの様な都市伝説が流布したのか。

チョコレートが日本に入ってきて、広く一般に広がったのは第二次世界大戦後の1940年後半〜1950年代である。日本に駐屯していたアメリカ兵から子供たちはチョコレートをもらいその美味しさに驚いたという。

チョコレートの噂はまたたくまに全国に広がり、小売店なども販売を始めた。しかし、今までになかった甘〜いその味は子供にはウケても大人たちには疑念を抱いていた。「こんなに甘い変な味の食べ物をたくさん食べたら健康に良くないのでは」。チョコレートに関わらず、新しい食べ物に対して大人が抱くよくある疑念である。

しかし、子供はチョコレートの味の虜になってチョコレートをたくさん食べたいと言ってくる。そこで大人は考えた。「チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るからやめとけ」と。その嘘は大人が子供を守るために話た優しい嘘であった。(実際、チョコレートに含まれる糖分は糖尿病の原因になったりしているので結果的にこの都市伝説が無かったら糖尿病の患者は今よりもっと多かったかもしれない。)

また、チョコレートは当時とても効果なものだったそうだ、なので子供がチョコレートをねだりまくると家計を圧迫するから嘘をついたという都市伝説もある。

でも、実は本当にチョコレートを食べ過ぎると鼻血がでる可能性があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です